加入のしくみ

自分の年金だから、加入の仕方も自分で選択

まず、加入できるかどうかの確認を

国民年金基金にご加入いただける方(資格)

20歳以上60歳未満の自営業やフリーランスの方など、国民年金の第1号被保険者の方や、60歳以上65歳未満の方および海外に居住されている方で国民年金に任意加入している方が加入していただけます。

     
  • 国民年金の第1号被保険者(自営業、フリーランス及び学生などの方)で、国民年金保険料を納めている20歳以上60歳未満の方。
  • 60歳以上65歳未満の方および海外に居住されている方で国民年金に任意加入して国民年金の保険料を納めている方。
  • 兵庫県内に住民票がある方。(海外居住で国民年金に任意加入されている方を除く)

※次に該当されている方は加入できません。

  • 国民年金保険料が免除(一部免除、学生納付特例、納付猶予を含む)されている方
    ※ただし、法定免除の方(障害基礎年金を受給されている方)が年金事務所に申し出て、国民年金保険料の納付申出をした期間は加入することができます。
  • 農業者年金に加入している方

国民年金基金に加入されますと、国民年金の付加年金の保険料「月額400円」を納めることはできません。

加入口数について
1口目は終身年金基本A型・基本B型のどちらかを選び、2口目以降は全7種類の中から、自分のニーズに合わせて選べます。
2口目は選べる7つのタイプ
生涯にわたって受けとれる終身年金と期間を決めて受け取る確定年金の全7種類の中から、自分に合ったプランを選べます。
遺族一時金について
保証期間のあるプランに加入している方が年金を受け取る前に死亡した場合、掛金納付期間に応じた額の一時金を遺族にお支払いします。
20代の方へ
課税所得額がおよそ300万円の25歳0月男性が誕生月に1口目として基本A型、2口目以降にA型を3口に加入した場合をご紹介します。
30代の方へ
課税所得額がおよそ400万円の35歳0月女性が誕生月に1口目として基本A型、2口目以降にI型を2口に加入した場合をご紹介します。
40代の方へ
課税所得額がおよそ600万円の40歳0月男性が誕生月に1口目として基本A型、2口目以降にA型を2口、I型を2口に加入した場合をご紹介します。
50代の方へ
課税所得額がおよそ680万円の53歳0月男性が誕生月に1口目として基本A型、2口目以降にA型を1口、I型を1口に加入した場合をご紹介します。
加入の手続きは?
新規でご加入される際の手続きの流れについて説明します。
インターネットで資料請求フリーダイヤル 0120-65-4192
資料請求・ご相談・お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

年代別で見る

  • 若い世代
20代の方へ
  • 充実世代
30代の方へ
  • 充実世代
40代の方へ
  • 実年世代
50代の方へ
  • 実年世代
60代の方へ

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-65-4192

年金シミュレーション

あなたの年金額を
試算できます

詳しく見る

セキュリティーについて