加入のメリット

どんなメリットがあるの?

掛金は全額所得控除
国民年金の保険料と同じく、掛金は全額が社会保険料控除の対象となり、所得税や住民税が軽減されます。
ただし、夫が妻の掛金を負担する等、加入員本人以外が掛金を負担した場合は、掛金納付時には、贈与税は発生しませんが、年金受給時には、贈与税が発生することもあります。
“ゆとり”が生涯続く終身年金が基本
65歳から生涯受け取れる終身年金が基本なので、長い老後の生活にも対応します。
 
公的年金等控除の対象
公的年金等控除の対象となりますので、年金以外に収入がない場合、お一人おおむね158万円までは税金がかかりません。
加入時に年金額がわかって安心、しかも掛金はずっと一緒
掛金の支払いにより将来受け取る年金額がわかるので(確定給付型年金)、老後の生活設計も立てやすく便利です。また、加入時の年齢・性別によって掛金が決まります。
年金プランは自由な組み合わせが可能
1口目は基本A型または基本B型のどちらかを選択、2口目以降は年金額や受け取り期間、受け取り開始年齢等のちがう7タイプを組み合わせて、自分にベストな年金プランが立てられます。(掛金の上限は、年額81万6千円です)
※加入後も経済状況により2口目以降の口数の増減ができます。
万一のときも掛け捨てにはなりません
加入していた方が万一早期に亡くなられた場合も、家族に一時金をお支払いします。(非課税)
※基本B型・B型(保証期間なし)は除きます。
インターネットで資料請求フリーダイヤル 0120-65-4192
資料請求・ご相談・お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

税制上の優遇措置(平成26年1月現在)

掛金と税金
国民年金の保険料と同じく掛金の全額が社会保険料控除に。所得税や住民税が軽減され、とても有利です。

掛金の控除
たとえば課税所得金額が約500万円の場合
軽減額速算表
  • ※この速算表の「所得および復興特別所得税の合計税率」は、平成25年1月1日から25年間、復興特別所得税として所得税に2.1%を乗じた金額が課税されることから、所得税×102.1% として計算したものです。また、軽減額は概算です。
  • ※課税所得とは、所得から各種所得控除を差し引いた額です。
計算例:30歳1カ月の男性 課税所得金額500万円 1口目A型10,610円 + 2口目以降 A型3口 15,915円に加入されている場合→軽減額(概算)96,826円
インターネットで資料請求フリーダイヤル 0120-65-4192
資料請求・ご相談・お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

年代別で見る

  • 若い世代
20代の方へ
  • 充実世代
30代の方へ
  • 充実世代
40代の方へ
  • 実年世代
50代の方へ
  • 実年世代
60代の方へ

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-65-4192

年金シミュレーション

あなたの年金額を
試算できます

詳しく見る

セキュリティーについて